こだわり | 八戸周辺にお住まいで省エネ住宅をお考え中またはご興味のある方、ぜひお気軽にお問い合わせください。

こだわり

伝統技術の「在来工法」

在来工法とは、「100年住める家」として、日本家屋を建てるため用いられてきた伝統工法です。
柱と梁で家の構造の主な部分を組み立てていき、「点」で建物全体を支えることで、高い強度を実現させます。そのため、他の工法と比べると、間取りが自由に変更できたり、増改築しやすかったりするなどのメリットがあります。

壁や床などの「面」で組み立てていくツーバイフォー工法では、壁を移動させたり、なくしたりすると建物全体の耐久性が落ちてしまいます。ですが、在来工法では、骨組みを組み立てて柱で強度を維持させていますので、間取りの変更がしやすく、増改築も容易にできます。

家工房では、この在来工法に最新の建築技術を取り込み、高断熱・高気密・省エネルギー計算を行い、従来では成し得なかった高性能な住宅をご提案しています。
寒さが厳しい八戸の冬でも、快適にお過ごしいただけるよう設計から入念に打ち合わせを行っていますので、安心してご相談ください。

最先端木造建築で別次元の快適さ

最先端の建築技術を施すことで、従来の木造住宅とは比べ物にならないほどの快適さを実現できるようになりました。

木造住宅は、一般的に「夏は暑く、冬は寒い」というイメージがあるかと思います。これは気密性が低く、外の空気が室内に入りやすい構造になっているのが原因です。しかし、天井・外壁・床下からガラス・サッシ枠まで、建物全体の構造を全て見直し、各種ツールで住宅の性能を数値化することで、木造住宅のデメリットを解消できます。さらに、住宅先進国の技術を取り入れ、材質や施工法を変えることで、防火性・耐震性を飛躍的に向上させることも可能です。

まるで別次元のような快適さと省エネ効果の高い住宅設計をご提案し、ご家族皆様に喜んでいただける施工を提供いたします。

八戸のお悩みに特化した地域密着のお付き合い

家工房では、八戸を中心として住宅設計・CGパース・模型制作などを行っています。
住宅や店舗の省エネルギー設計はもちろん、監理・コンサルタント業務まで、幅広いニーズにお応えできます。

特に温熱環境を整えたリフォーム・リノベーションを得意としていますので、八戸の気候ならではのお悩みにも対応可能です。
「冬は家中が寒い、電気代が高くなる」というのが当たり前だと思われている方はいらっしゃるかと思いますが、決してそのようなことはありません。厳しい寒さが続くような日でも、最先端の建築技術を駆使して高断熱・高気密リフォームを行うことで、年中快適に過ごせる住宅を実現できます。

施工して終わりではなく、アフターフォローにも力を入れていますので、ぜひお気軽にご相談ください。

ページの先頭へ

今すぐ無料相談・ご依頼をする