木造住宅で暖かく快適な生活を。

省エネ住宅なら青森県八戸にある「家工房一級建築士事務所」へ

快適な住宅をご提案

夏はしく、冬はかい

高断熱・高気密の省エネ住宅をご希望の際は、「家工房」にお任せください。
断熱リフォームから注文住宅まで幅広く対応しており、一級建築士が機能性とデザイン性を兼ね備えた住宅をお造りします。
寒暖差が激しい八戸市の住宅性能を向上させ、快適に過ごせる家を実現させるために、徹底した設計・診断の基、次世代省エネ基準の半分以下の光熱費を実現します。
家全体を断熱材で包み込み、壁や床の継ぎ目部分などの隙間を埋めることで、夏場はエアコンの冷気を逃がさず、冬場は室内の熱を逃がさない暖かい家になります。最低限の光熱費で廊下や水まわりを含めた家全体を快適な空間とすることが可能です。

ご相談・プレゼンテーションは無料で対応していますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

最先端の木造建築で快適な生活を

省エネの木造住宅
地震や火事に強い
日本伝統技法の「在来工法」にこだわり、そこに最先端の建築技術を取り入れる事により、100年住める木造住宅をご提案しています。柱と梁で組み立てていきますので、間取りを自由に設計したり、ご要望通りに増改築したりできます。そして、高断熱・高気密の施工を行うことで、木造住宅でも暖かく快適に過ごせるようになります。
また、全熱交換の換気システムによって湿度の問題を解決することで、冬の過乾燥や夏の湿気が減り、カビ、ダニの発生が抑えられる上、内装材へのダメージが少なくなりますので、メンテナンスの手間が省けます。
全棟構造計算を行い、耐震等級3(建築基準法レベルの1.5倍の耐力)とすることで、木造住宅の欠点である耐震性を補い、省令準耐火構造とすることで火災に強くなり、地震保険と火災保険がおおよそ半額となるので将来的にも安心できます。

断熱リフォームやリノベーションも

エコハウス・アワード2018
最優秀賞・リノベーション賞を受賞

岩手県雫石町で設計監理を行った「雫石町の300mm断熱リノベーション」が
エコハウス・アワード2018最優秀賞・リノベーション賞をダブル受賞しました。

寒冷・多雪地帯で、冬場の気温は-5度を下回るほど、非常に寒い地域です。
そんな中でも家族みんなが快適に過ごせるように、基礎・床下土間・壁・天井にそれぞれ付加断熱を施工。
サッシは断熱性能に優れたドイツ製のユニルクスに総入れ替えを行い、床下エアコンを採用しました。
その結果、真冬でも床下エアコン1台だけで全館暖房が行き届くようになりました。

家工房では、デザイン性・機能性・省エネ効果まで、あらゆる要望にお応えいたします。

Twitter
Face book

ページの先頭へ

今すぐ無料相談・ご依頼をする