■八戸市ニュータウン H邸
 ”星と風と雲とふれあえる家”■

 建て主夫婦から、最初にあげられた希望は、図書室のある家でした。
 リビングから、専用の階段をのぼり、中2階、2階へとつながる空間には家族全員ぶんの机。
 玄関前の外壁や、ほぼ全室の床、手摺には、岩手の杉を使用しています。これは、奥様の実家の山の木を加工したものです。