■八戸市 O邸
    ”自然と語りあう家”■

ちょうど住宅街と果樹園の間に計画する平屋の大きな家。
土地の形状を生かし、かつ全面に光を受けるために横に長い形になった。
すむ人のこだわりを余すことなくつめこんだ家。